スウェーデン🇸🇪は世界3位の音楽輸出国

もともと音楽(ROCK)にまつわる形で旅をしていたのも忘れ、最近は聖地巡礼とかしていなかった。

というかアメリカに比べちゃうとヨーロッパにはそういうスポット少ないんだよね。多分。もともと俺はアメリカとイギリスの音楽が好きな人間だし。

 

ということで、旅の軸が音楽からヨーロッパ制覇に置き換わっていた2019年ですが、スウェーデンストックホルムは音楽好きには嬉しい場所だった。

f:id:bstsry63:20190916034722j:plain

ABBA ミュージアム

あ、ABBAってスウェーデンの人なんだ、って思ったんだけどよくよく考えてみたらスウェディッシュポップってあるし、北欧メタルもあるしって思って調べたらまさかの世界3位の音楽輸出国とのこと。いやー迂闊でした。

 

Category:スウェーデンの音楽グループ - Wikipedia

ウィキペディア先生をみてびっくり、The HivesとかMando DiaoCaesarsってスウェーデンだったのか。なんとなくUKだと思ってた。こう考えると2000年代のロックンロールリヴァイバルってアメリカ・イギリスの流れかと思いきや、そんなことないよな。オーストラリアのバンドも多かったしな。

f:id:bstsry63:20190916034823j:plain

あまりイメージないけどエモハードコア系も充実している。

先日ライブに行ったRefused、少し前に再結成来日公演が話題になっていたSTARMARKETLast days of aprilスウェーデン

高校の頃聞いてたFreak KitchenやEUROPE、Anekdotenなんかもそう。もちろんヘヴィメタル系は挙げられないほどいるし。うーむ、奥が深い。

 

ふらっと入ったジャズバーも良かった。

f:id:bstsry63:20190916035209j:plain

ガラムスタンにあるJazz Bar Stampen

f:id:bstsry63:20190916035056j:plain

f:id:bstsry63:20190916035137j:plain

天井には様々な楽器、チャリとか?ぶら下がってて非常に雰囲気良い感じ。

ここはオススメです。

 

もちろん観光も忘れず・・・

f:id:bstsry63:20190916040709j:plain

ガムラスタン(旧市街)の中心

f:id:bstsry63:20190916040749j:plain

f:id:bstsry63:20190916034920j:plain

ノーベルミュージアムとか

f:id:bstsry63:20190916035021j:plain

みんな顔写真なのにBob Dylan先生だけ絵だった

f:id:bstsry63:20190916041145j:plain

f:id:bstsry63:20190916041249j:plain

f:id:bstsry63:20190916040851j:plain

魔女の宅急便のモデルとも言われる街並み

ストックホルムの観光地をCloudberry JamのカバーしたDinosaur Jr.のWaterを聴きながら練り歩きました。

 

最後に、ストックホルムには「Skogskyrkogården (スコーグスシュルコゴーデン)」という世界遺産になっているお墓がありました。

f:id:bstsry63:20190916035250j:plain

f:id:bstsry63:20190916041334j:plain

f:id:bstsry63:20190916041441j:plain

非常に不思議なところ。日本のお墓とは思想が全然違うんだろうなあと感じる。

ここにはどうやらAviciiのお墓がある様子。思いがけず著名ミュージシャンのお墓参りに来てしまった。(お墓自体は探していないけど)

 

 久しぶりヨーロッパの音楽巡礼みたいな旅になりましたとさ!