アメリカンロックに出逢う旅③ New Orleans編(2)クレオール料理

New Orleans、二記事目。

あまり食をテーマに書こうと思うことはないのだけども(アメリカだし・・・)、だがしかし、ニューオーリンズの食はヤバイ!

 ここの料理は「クレオール料理(Creole cuisine)」と呼ばれている。あまり聞き馴染みはないかもしれないけれど、Wiki先生によると、「フランス、スペイン、フランス領アンティル、西アフリカ、そして南北アメリカの食文化の影響が混合されており、イタリア料理の特徴も備えている」と。

いやいやフランス、スペイン、イタリアって食最強じゃん。(フランス領アンティルがよくわからないが)

メキシコ湾が近い街らしく、魚介をふんだんに使った料理という感じ。

中でも最初に行って度肝を抜かれたのはここ、

Gumbo Shop

f:id:bstsry63:20210505065804j:plain

f:id:bstsry63:20210505065627j:plain

f:id:bstsry63:20210504074338j:plain

どっちかが「Seafood Okra Gumbo」でどっちかが「Chicken Andouille Gumbo」であろう。付け合せ?の「Jambalaya」も最高です。

美味しいGumboを自力で作れるようになりたい・・・

そんなことを思いながら改めて材料を調べると、

基本的には濃いスープストック、肉または甲殻類、とろみ成分、および「聖なる三位一体」と呼ばれる野菜(セロリ、ピーマン、タマネギ)で構成される。

聖なる三位一体!

かなり魚介の味が溶け込んでいるのでなかなかこのスープを作るのは難儀しそう。

 

f:id:bstsry63:20210505065639j:plain

 ニューオーリンズでは生牡蠣も名物です。ガンボ、ジャンバラヤと牡蠣って最高です・・・

 

人気が高そうだったのはこちらのお店ですね。

f:id:bstsry63:20210505065649j:plain

f:id:bstsry63:20210505065701j:plain

f:id:bstsry63:20210508064421j:plain

アメリカ感溢れるお店です。 

f:id:bstsry63:20210505065712j:plain

 どこのお店かわからないけど見た目は一番美味しそう。ガンボはこの旅で3回も頂きました。

 

印象的な風景をいくつか最後に載せます。

f:id:bstsry63:20210508064718j:plain

トラム(路面電車)、アメリカではストリートカー?

f:id:bstsry63:20210508065227j:plain

f:id:bstsry63:20210508065238j:plain

街沿に流れるはかの有名なミシシッピ川

f:id:bstsry63:20210508065301j:plain

f:id:bstsry63:20210508065248j:plain

Cafe du mondeで名物のベニエを頂きます。

f:id:bstsry63:20210508065311j:plain

ジャクソン・スクエア。奥には1700年代に建てられたセント・ルイス大聖堂も見えます。

f:id:bstsry63:20210508070108j:plain

最後はルイ・アームストロング空港で待つルイ・アームストロングさんで締めます。