ロック聖地巡礼の旅! UK🇬🇧 Manchester

今回はマンチェスターの訪問記です。

1980年代後半にはMadchester(マッドチェスター)ムーブメントを起こした街なので、ロック史的に重要な場所で一度行ってみたいと思ってました。

Manchester出身バンドといえば、Joy divisionThe SmithsOasisThe Stone RosesNew Orderなどなど。

今回はOasisThe Smithsのゆかりのスポットを二件紹介したいと思います。

その前に、まずは市内中心部をちょっとだけ回ります。

 

Manchester Town Hall

f:id:bstsry63:20210601065618j:plain

f:id:bstsry63:20210601065632j:plain

今回は時間がなかったので、Manchester Town Hallを中心に少しだけ街を巡りました。

f:id:bstsry63:20210601065648j:plain

f:id:bstsry63:20210601065603j:plain

f:id:bstsry63:20210606081136j:plain

マンチェスターの町並みはロンドンとは少し違う印象ですね。

f:id:bstsry63:20210606081149j:plain

f:id:bstsry63:20210606081231j:plain

時間がないのでちょっとざーっと過ぎました。そんなこんなで目的の場所に移動します。

 

ます一箇所目は、

Salford Lads Club

f:id:bstsry63:20210601065754j:plain

f:id:bstsry63:20210606081634j:plain

この「サルフォード・ラッズ・クラブ」は、ザ・スミスのアルバム「クイーン・イズ・デッド(The Queen Is Dead)」の中ジェケに使われたスポットです。

中にはザ・スミス・ルームという展示があるみたいですが、こちらは事前の予約が必要のようで訪問していません。

 

二箇所目は

Sifters Records

f:id:bstsry63:20210601065809j:plain

このレコードはオアシスのギャラガー兄弟の実家のわずか徒歩10分くらいの距離にあり、少年時代のノエル・ギャラガーが入り浸っていたと言われる場所。

「Sharkermaker」の歌詞にある「Mister Sifter sold me songs when I was just sixteen」のMr. Sifterがこの店の主人である。

訪問時もSifterさんは元気にニッコニコで働いており、きさくに話してくれました。さすが日本人にはよく知られており、「不思議と日本人はよくこの店に来るんだよな」なんて事も言っていたので、個人的には桑田英彦氏の「英国ロックを歩く」を読んできました!とお伝えしました笑

f:id:bstsry63:20210601070628j:plain

 マンチェスターは中途半端な訪問だったので、またがっつり回ってみたいです。